単色日記

真面目なブログは http://d.hatena.ne.jp/repose/

大久保瑠美さん,28歳のお誕生日おめでとうございます

イベントやニコ生で見るたびにどんどん年長者として場を回していく姿が増えていて貫禄が増している.

声優オタクにはよくあることだと思うのですが,僕は「大久保瑠美」で時折ツイッターを検索するわけですが,昨年から今年にかけて FGOFate/Apocrypha にまつわる言及が非常に増えていて,大ヒットコンテンツに関わると大人気になるんだなと実感している.
あまりに大ヒットすぎてイベントに全く当選しないけれど,Fate 関連のコンテンツを消費していない自分にはちょいどいいのかもしれない,と考えさせられる一年でもあった.

大久保瑠美さんに関する考えは前(なぜ大久保瑠美さんにファンレターを書いているのか - 単色日記)から変わっていない.いつもいるオタクもはじめてのオタクにも平等に振る舞う(いつもいるオタクだからどうこうするわけではない)というスタンスが本当に良いと思う.これは皮肉ではない.きっといつものオタクを優遇し始めたら自分など今以下の扱いになるのでそれは悲しい.

これからも大久保瑠美さんの演技や歌やトークを聞けることだけを生きがいにしたい.昨年の「門」の朗読が良かったので今年も是非朗読や舞台が見られると嬉しい.あとはイベントついでに旅行がしたい.海外とか行きたい.「突然イベントが発表されたからチケットが高いけどしょうがない」と自分に言い訳ができる.

トークと言えば,原紗友里さんとのラジオ「大久保瑠美原紗友里 青春学園 Girls High↑↑」が9月末で終了する.はじめてメールを送って読まれたラジオなので本当に悲しい.ニコニコ生放送の「オオクボルミオンライン」もいいのだけど,視聴者に向けた仕草や振る舞いというか,笑いに走る傾向がどうにも強すぎる.
以前なら LadyGo のカーテンコールで話されていたような,ガルハイにて時々こぼれる真面目(というほどでもないけど)な(ウケを狙わない)話が聞けた瞬間がとても好きだった.そういう事を語ることが許される,コンテンツから切り離された場が失われることが悲しい.


最後にこれ余談ですが,おそらく自分はファンの方を向いて強い言葉を発する声優やアイドルというのが好きになれない.なぜなら,彼女が想定する「ファン」には,初期から応援しているわけでも,顔が覚えられているわけでも,熱心に応援しているわけでもない自分が含まれているとは到底思えない.「いつも最前列にいる皆さんに向けて言っているんですね,頑張って欲しい」と冷めてしまう.
そういうこともあり,ラジオのコーナーに「自分を会員にするようなクラブには入りたくない」というウディ・アレンの言葉にからめて「私は,自分の事を絶対に相手にしない人だからこそ良いと思う」といったメールを送ったら「私はそんな考えは理解できない(大意)」とかなり強い否定のお言葉を頂き,なるほど,と思いました.