真面目なブログは http://repose.hatenadiary.jp

GIRLS REVUE 見た

GIRLS REVUE / ガールズレビュー オフィシャルホームページ | 2019年1月~2月 東京・大阪公演 | チケット情報やキャスト紹介など

  • 前評判を見なかった結果,歌とショートエピソードが複数あるという構成というのを途中から理解した
  • ボブカットの小柄な女性の身体能力がすごい
  • ナギノルとサニテスの歌前のやり取りなんというか考えさせられましたね
  • ネヴィルのドレス衣装が一番好きだった気がする
    • しかし鈴木絢音さんあんなに頬が痩せていただろうかと見ていて不安になりました
  • 最後の最後,ペンライトを振る曲がどうしてあれなのかの理由が全くわからない

乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展行った

smrm.jp

だいたいぜんぶ展初日 12:00 - 13:30 の回に行きました.入場料分は満足したし空いてる時間にもう一度行きたい.
www.youtube.com

  • 一度の枠に死ぬほど詰め込んでいて見て回るなんて無理なのでは,特に初日の早い枠だし,と怯えていましたが余裕がありました.順路に沿いつつも興味の無いところはスルーできるので気ままに見ることができる.
  • 「逃げ水」新規としては MV の設定資料が読めたことが非常に良かった.展示によるとメンバーと関係者にしか配られていないらしいですが売って欲しい.
  • ◢ でお馴染みの乃木坂46のロゴ初期案や「シンクロニシティ」タイトル初期案,CDスリーブに貼られる細かい告知が書かれたステッカーの案など,没になったものたちが見られたのも良かった.
  • どの衣装もウエスト周りの細さがすごい.素材などを近くで確認できるのが嬉しい.
  • 6th Birthday Live の「シンクロニシティ」を 8K で上映しているブース, 8K で見る白石麻衣さんは宗教体験に近い.
  • 物販コーナーの壁に貼られた堀未央奈さんが本当に美しい.笑顔もいいけど真顔がいい.
  • アイドルに限った話ではなく一般的に「公式のグッズがダサい」という話は定期的に盛り上がりますが,だいたいぜんぶ展ロゴが非常にシンプルなので白Tシャツやフーディーのワンポイントにちょうどいい.伊藤万理華さんのTシャツと会社PCに貼るためのジャケットステッカーセットを買いました.
  • 併設の坂カフェも平和な感じだった.ポピパッパパーパンケーキを食べました.

2018年12月の握手会で鈴木絢音さんと「そのコートかわいい」「祖父のお下がりなんですよね」「えーオシャじゃん」というやり取りをしましたが,お下がりどころではなく形見となってしまいました.死ぬ前の祖父に伝えたところ笑っていたので良かった.葬式の朝は雲ひとつ無く晴れていてスガシカオ「青空」を思い出しました.

スガ シカオ(SUGA SHIKAO) / 青空

乃木坂46×週刊プレイボーイ 2018 [雑誌]

乃木坂46×週刊プレイボーイ 2018 [雑誌]

プリン会良かったですね.今年から新刊漫画の購入は電子書籍でやることにした.
ファンベース (ちくま新書)

ファンベース (ちくま新書)

人に薦められたので.
ヴィジョナリーズ ファッション・デザイナーたちの哲学 (P-Vine Books)

ヴィジョナリーズ ファッション・デザイナーたちの哲学 (P-Vine Books)

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

  • 作者: ハンス・ロスリング,オーラ・ロスリング,アンナ・ロスリング・ロンランド,上杉周作,関美和
  • 出版社/メーカー: 日経BP
  • 発売日: 2019/01/11
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

2018 年の振り返り

残り3日あるけれどあとはレコード大賞と紅白を見るぐらいしかやることがないのでもう振り返る.

オタク

  • 皆さんがタイムラインで絶賛している映画やアニメ作品やソーシャルゲームVTuber をとりあえず試してみるも楽しみ方がわからないまま終わり「自分は負けてしまった」と思うことが多かった一年でした.
    • アラサー男性が好むことでお馴染みのサウナと筋トレのどちらも肌に合わなかったので悲しい.暑いのに耐えられないのでサウナより岩盤浴,筋トレよりランニング.
  • 坂道から =LOVE に行くかと思っていたら素通りして瀬戸内にいました.
    • A&G NEXT BREAKS FIVE STARS を聴いているせいで =LOVE より 22/7 の楽曲の方が耳馴染みがあります.
    • STU48 ですが都会から来た転校生岡田奈々が瀬戸内地方の純朴な少女達を次々と食い荒らすみたいな状態になっています.
  • メッセージサービスは乃木坂は堀,鈴木,佐藤,久保,阪口,向井,STU48 は瀧野,岩田,門脇,ひらがなけやきは「くりすます」以降から潮,丹生,松田を購読しています.
    • 堀未央奈さんはいつもすごいと思っていますし,秋元康が書いた堀未央奈さんの写真集の帯が非常に好きで読むたびに告白 (中公文庫)の主人公・熊太郎の妻・縫を,特に終盤の姿を思い出してしまいます.
    • STU48 は岩田陽菜さんのアイドルっぷり,門脇実優菜さんのダンス・表情と SHOWROOM とのギャップそれぞれが気になっています.門脇実優菜さんの頬に肉がつくと伊藤万理華さんに似ているのではないかという話があまり受け入れてもらえません.そもそも話す相手がいないのですが.
    • ひらがなけやきで気になったメンバーの顔の系統が声優オタクを感じさせます.
  • 握手会に行きました.
    • 皆さんのように面白おかしい会話は無理.
    • いつも思うんですが握手会で恋人つなぎするの難しくないですか.「お手」みたいに向こうが手のひらを上に向けた状態で待っているところに手を重ねにいくしかできない.
    • 100万人いるオタク顔なのではじめて握手したメンバーに「はじめましてじゃないよね?この間来てたでしょ?」と言われて「『はじめまして』と言うことで相手が自分を憶えているかを試すオタク」みたいになってしまい否定すればするほど気まずくなりました.
    • 先達から「名札は一度付けると『実は名前を覚えていないから外したら呼ばれないんじゃないか』と怖くなるから二度と外せなくなる」と聞かされて非常に参考になりました.
    • 仙台会場での握手会の帰り,新幹線ホームにて握手会の時より高いテンションで語り合っている堀未央奈鈴木絢音ペアを見たので一日の疲れが取れました.
      • ホームにいた周りのオタクが誰も話しかけるどころか存在しないものとして扱っていたのが良かったです.
      • 快適だった仙台会場がなくなってしまって悲しい.
    • 志田愛佳さんの「ガラスを割れ!」の握手券があったのですが先日の大掃除で捨ててしまったようです.振替可能ならもっと早くアナウンスしてほしい.

その他

  • アルコールを飲んでいないのは相変わらずですが食べる量もますます減りました.
    • アルコールだけでなくニンニクやニラなども食べられなくなってきました.ひとりで不許葷酒入山門な状態になっています.
    • 一方パクチーや牡蠣はまだ食べられるようになる気配がない.
  • インターネットの内外を問わず周りがますます結婚したり離婚したり子どもを生んだりオーネットに本気になったりマッチングアプリでセックスしまくったりマンションを買ったり出世したりプレスリリースを出したり技術顧問になったりCTOになったり上場したり個人事業主になったり本がベストセラーになったり節税対策を考えたりトップカンファレンスに論文が通ったりシンガポールに移住したりとリアル人生ゲームのマス目を進めていますが,自分は何も変わらずむしろどんどん退化しています.
  • 金を払わなければセックスはおろか女性の手を握ることすらできない孤独死確定の32歳中年童貞になりました.
    • そのような人間にマッチングアプリの広告が大量に出ている状況に広告配信の難しさを感じます.属性推定の精度が高い結果なのかもしれません.
    • 交際経験がないのでいかなる罵倒や誹謗中傷を甘受しなければならない気持ちになります.
    • 「昔は馬鹿にしていた中年オタクに気付いたらなっていた」というツイートをよく見ますが,昔から自分も将来ああなるだろうと思っていたので特に驚きや悲しみはありません.
    • 今年は先輩に誘われて人生二度目の合コンに参加しましたが,会話のほとんどを先輩に任せていたのでソフトドリンクを注文する時ぐらいしか言葉を発さずに終わりました.三年前に初めて参加した合コンは巨大 AI ベンチャーに勤める男性の「うちの会社はこんなにすごい」という自慢話を女性陣と黙って聴いていたら終わったのでそれと比べると少しは進歩したのではないでしょうか.
    • そもそも職場と家族と友人の配偶者以外でまともに会話をした異性がアイドルぐらいです.
  • 仕事は特にここに書くようなことはありません.
    • LinkedIn で連絡が来たので会ってみた転職エージェントにすら「あなたが今いるような会社は〜」とストレートに馬鹿にされたのには笑ってしまった.
    • ゴミみたいなブログを書き続けてはいるけれど1円も手元に入ってこないし転職の役に立つ気配もありません.LinkedIn や転職ドラフトのプロフィールに記載したところでどうにかなる気がしません.
    • データサイエンティストイキりや AI エンジニアイキりの風潮にもっと乗っかっていけば人生が楽しかったのではないかと思いましたが,誇示するような能力や実績や社会的地位や年収が何一つなく,そもそも自分の肩書や職種はデータサイエンティストや AI エンジニアではありませんでした.
    • 老害叩きや無能な上司叩きなどのツイートで溜飲を下げる人が大量に出てくる流れを読むのがますます辛くなる一年でした.少なくとも32歳はそれらの話題で盛り上がる年齢ではなく叩かれる「体制側」だろう,という意識があります.

2018 年買って良かったもの

注文していたものは全て届いたので書く.

2018年にリリースされて2018年に特に聴いたシングルとアルバム

気付いたらアニメほとんど見てないのでアニメソング10曲も選べなかった.

シングル

  • STU48 - 暗闇 : 本当に良い.spotifySTU48 はない.→気付いたら追加されていた.

  • lyrical school - 消える惑星 : 夏の朝,始発で通勤しながらよく聴いていた


アルバム

  • けやき坂46 - 走り出す瞬間 : アルバムオリジナルだと「おいで夏の境界線」が好きです

  • Joji - BALLADS 1 : 仕事中気付いたらずっと聞いている

  • 崎山創志 - いつかみた国 : リリースイベントとかライブとか行けばよかった,来年は行きます

  • Everything Is Recorded - Everything Is Recorded By Richard Russell : どういう経路で聞き始めたのかわからないけど気付いたら聴いていた

  • haruka nakamura - アイル : 春によく聴いていた

  • Logic - YSIV : ラップのこと何もわからないけど耳馴染みがいいので聴いていた

  • ROOK1E - Discography Too : 良い

  • Anderson.paak - Oxnard : ラップのこと何もわからないけど耳馴染みがいいので聴いていた

  • IZ*ONE - COLIR*IZ : PRODUCE 48 全然見てないのに曲だけ聞いてたので Abema での配信を見ます

  • STUTS - Eutopia : JJJ との曲が良いと思っていたら色々とあることをようやく知りました


2018 年に出ていないもので 2018 年に特に聞いていたのは以下.

  • Francis and the Lights - Just for Us
  • Francis and the Lights - Farewell, Starlite!
  • Kamasi Washington - Harmony of Difference
    • 他のカマシ・ワシントンのアルバム,一曲が長すぎませんか
  • Thudercat - Drunk
  • 民謡クルセイダーズ - エコーズ・オブ・ジャパン
  • ビッケブランカ - FEARLESS
  • La Maquina Cinematica - Musica Para Pantallas Vacias
  • 松田彬人 - おんがくエンドレス