単色日記

真面目なブログは http://d.hatena.ne.jp/repose/

2016年行ってよかったほぼ大久保瑠美さんのイベント5選

今年はゆゆ式やきららフェスタなど,法外な値段になるイベントや,興味のないソシャゲ(FGO,グリモア)のイベントには参加することがなかったけれども,どれも楽しいイベントばかりだった.
そんな中で記憶に残ったものを.

マリコレライブ 2016 【夜の部】 大坪由佳 Eventernote イベンターノート
この日は体調が本当に最悪で,寝るまでに口にしたのが朝飲んだレッドブルだった.
それにしてもマリンの各番組がそれぞれ突貫だったにせよ歌うイベントというので非常に貴重な体験だった.記憶にあるのは

  • ガルハイ組のラブリータンバリン初披露.発売まで本当に長かった.
  • 津田美波さんの「ご飯を…食べました!」というMCに対する連番者の「ヤッタ―!」
  • みかっしょ!主題歌で突如現れるダンサー

ゆるゆり さん☆ハイ!ライブイベント「七森中♪はっぴ~ぱ~てぃ~」夜の部 七森中☆ごらく部 Eventernote イベンターノート
最前列大久保瑠美さんの真正面で見た七森中がくえんさいと迷ったけれど,「きみがくれたシャイニーストーリー」のダンスが本当に素晴らしかったのでこちらを.

朗読劇「三四郎/門」 (11月30日公演) 野島健児 Eventernote イベンターノート
叶わないのではないかと思っていた朗読を聞くことができて本当に良かった.

「ハンドレッド」トーク&ライブイベント『GARDEN'S FESTA』【夜の部】 長谷川芳明 Eventernote イベンターノート
ガンガンGAフェスから長谷川芳明さんを見続けてきたので色々胸にこみ上げるものがあった.あとは EYES ON ME も本当に良かったし,大坪さんと羽多野さんのキャラソンも良かったし,生徒会三人の歌も良くて蒸し暑かった事を除けば本当に良かった.

エムキチビート 第十三廻公演 『アイ ワズ ライト』2016年8月 3日(水)19:00【プレビュー公演】 村井良大 Eventernote イベンターノート
全て大久保瑠美さんのイベントで統一しようかと思ったけどこちらを.
黒沢ともよさん,天誅ラジオや勇者部活動報告を聞いていた身としては「年上の懐で甘えつつ好き勝手にやるのが得意」という性格なのだと思い,FIVE STARS ではなかなかそれが活かせないのではないかと思っていたけれど,そもそもまともにお芝居を見たことがなかった.
というわけで参加してみたけれども舞台の上を動くわ歌うわ跳ねるわといった感じで, FIVE STARS で話している姿とかけ離れていて,なるほどこれが舞台……と思わされた.

次点

ゆりゆららららゆるゆり放送室 名場面カウントダウンCD~8時間目~発売記念 「ゆりゆららららゆるゆり放送室 またまた松原祭り」(夜の部) 七森中☆ごらく部 Eventernote イベンターノート
前日入りして色々と飲み食いしたのが楽しかったという記憶がある.

ことだま屋本舗☆リーディング部 その9 7月3日(日)15:00~【B】 鈴木コウタ Eventernote イベンターノート
2015年も参加したことだま屋.原紗友里さんの年下を相手にした時のお姉さんぶる演技が好き.
初日に物販のところに普通にいた時はびっくりしてしまい声をかけられなかったが,最終日はご挨拶させていただいたのも良かった.

2016年のアニソン10選

itunes store へのリンクで言及すると視聴できて便利というのを見かけたので真似する.

EYES ON ME

EYES ON ME

本当に素晴らしい,特にライブで歌われた時の白を基調とした衣装から繰り出されるサビの振り付けが本当に素晴らしい.大久保瑠美さんの歴史に刻まれる曲.

空想トライアングル

空想トライアングル

イントロがいい.OPの「虹を編めたら」も良かった.

V字上昇Victory

V字上昇Victory

  • 雀が原中学卓球部
  • アニメ
  • ¥250
再生回数で言えば instrumental の方が多い (ピンポン玉の音がよく聞こえるのでいい) のだけれどこちらで.

スノードロップ

スノードロップ

「自分にしか作れない料理とは何か」というソーマ二期のテーマに合致していた.

ヴィヴァーチェ!

ヴィヴァーチェ!

ジャケットと曲とアニメ本編との合わせ技.これを聞くために番組イベントに行きたい.

nameless

nameless

  • 鹿乃
  • アニメ
  • ¥250
アニメ化されたその先が歌詞に込められている.

DREAMCATCHER

DREAMCATCHER

  • ナノ
  • アニメ
  • ¥250
Bメロからサビのあたりがいい.本編はどうにも「とりあえず滅茶苦茶にしておけばいいだろう」ぐらいしか受け取ることができなかったので興味はない.

The Asterisk War

The Asterisk War

本編も良かったですね.ライブでは聞けないままだったのが残念.

ハッピーアイスクリーム!

ハッピーアイスクリーム!

  • チーム フォルトゥーナ
  • アニメ
  • ¥250
最終回の上映イベント,是非大久保瑠美さんには尾道に行っていただきたい.

Love your enemies

Love your enemies

曲だけ聞いていいな〜と思って劇場版 selector を見たらとんでもなく映画に沿った曲で驚いた.

パンゲアの零兆遊戯

パンゲアの零兆遊戯

めしにしましょう(1) (イブニングKC)

めしにしましょう(1) (イブニングKC)

私の少年(2) (アクションコミックス(月刊アクション))

私の少年(2) (アクションコミックス(月刊アクション))

ラストのあの一言を読んで気持ち悪い笑顔になった.ブラックフライデーで80ドル近く安かったので買った.黒毛和牛をローストビーフにしたら部屋にいた人間が一瞬で食べ尽くしてしまった.

声の優れた俳優によるドラマリーディング 日本文学名作選第二弾「三四郎/門」見てきた

大久保瑠美さんの朗読ということで参加.とても良かったので感想を書く.次も是非参加したい.
配役は次の通り.

  • 11月30日 夜公演

- 野島健児 : 三四郎 (三四郎),安井 (門)
- 加藤英美里 : 美禰子 (三四郎),小六 (門)
- 古川慎 : 宗助 (門),野々宮,広田 (三四郎)
- 大久保瑠美 : 御米 (門),よし子,三四郎の母 (三四郎)

  • 12月1日 昼公演

- 岸尾だいすけ : 三四郎 (三四郎),安井 (門)
- 石川由依 : 美禰子 (三四郎),小六 (門)
- 濱野大輝 : 宗助 (門),野々宮,広田 (三四郎)
- 大久保瑠美 : 御米 (門),よし子,三四郎の母 (三四郎)

朗読劇というものにあまり縁がなかったので非常に新鮮だった.感想を箇条書きにしていく.

  • 三四郎を読んだのは4年ほど前,門はキャスト発表後に読んだ
    • 縁があり,円覚寺にも久しぶりに行った
    • いつ行っても人が少なく静かでいい
  • 長いがどうするのだろう,そもそもどういう形式なのだろうと何も知らずに行ったところ,大胆に編集されていた
    • 「三四郎」では佐々木の下りがほぼカットされている
    • 「門」では金の工面の細かい話がカットされている,なので家や屏風を売った下り,小六を引き取る下りが若干分かりにくい
    • 円覚寺の部分がほぼカットされているので,ラストシーンに対する印象が変わるように思う
      • 原作の宗助の適当さ,不甲斐なさ,頼りなさ,なあなあで済ませる意志薄弱さがあまり感じられなかった
  • 初日開幕早々「三四郎」が列車のパートから始まったので,これは加藤英美里さんによる (同じ布団で寝たのに手を出さなかった三四郎に対する)「あなたはよっぽど度胸のないかたですね」を聞くことができるぞ,ということで非常に楽しくなった
  • 初日は左より,二日目は中央の席であったが,例えばラスト近くの「門」について言及するあたりの演出 (舞台中央に門を催した白い光が指す) が初日には見ることができなかった
  • 「門」にて,御米と出会ってからの話を二人が交互に読むシーン,赤いライトとくるくると回る影という演出がある
    • これは「それから」のラストでの「仕舞には世の中が真赤になった。そうして、代助の頭を中心としてくるりくるりとほのおの息を吹いて回転した」だろうかと思った
    • 第一弾「それから」を見た知人によると同じ演出があったらしい
  • 「三四郎」の美禰子について
    • 読んだ印象は「快活」「生意気」「手の届かない」だったので,加藤英美里さんの演技がイメージにぴったりとあっていた
      • こちらから何を言っても相手にされないけれど,向こうから何か言われると全て従いたくなるという感じが良かった
      • 振り回されたい
      • 加藤英美里さんが演じると「意図的に男に好意を見せ,それを意識しながらもそこまで取り合わない美禰子」が出てきた
    • 一方,石川由依さんによる美禰子は,もう少しおしとやかである
      • こちらは正反対で,「どうにか手を伸ばせば届くんじゃないか」という印象を受ける
      • 自分が振りまく好意に対して (相対的に) 自覚的ではない
      • そのくせ,加藤英美里さんより色気を感じる
      • 縁談が決まる流れは (わかっていたとしても) ショックを受けてしまう
  • 「三四郎」組は白,「門」組は黒で統一した衣装

特に大久保瑠美さんについて

  • 三四郎
    • 三四郎の母役,二日目はより老婆に寄せていた印象を受ける
    • よし子は美禰子に近い属性だと思っていたので良かった,もう少し声が聞きたかった
    • 御米,読んだ時はもっと病弱で覇気がない印象を受けていたので第一声を聞いた時の色気や,「近」の字を宙に書いて示す姿に驚いた
    • 子どもができないことを告げるあたりから途端に劇の雲行きが怪しくなっていくのを感じる
    • はじめての出会いから「やがて三人は,揃って京都へと帰った」からの男女が畳み掛けるように交互に読み上げる部分は息が詰まった
      • 知ってはいても緊張してくる
      • 二度目も緊張していた
      • なぜか「御米は意思が弱く宗助の押しに負けたのだろう」という思い込みを原作から受けていたので,このパートを聞くことでようやく,宗助が安井から捨てただけでなく,御米も安井を捨てたのだ,ということが理解できた
      • そう考えると,そのような女性を大久保瑠美さんが色気を含ませて演じておられるのは本当に素晴らしいですね
    • 序盤は目が笑っていたが後半になるにつれ憂いを帯びていく感じが良かった
      • 初日はA列左手,まさに大久保さんの正面の席だった.正面の席でそれも前の方となるといつもまともに顔を見ることができない
      • 二日目は中央右よりだったので比較的見ることができてよかった
  • その他
    • 上下黒の衣装で登場された瞬間「喪服だ」と思ってしまった
      • あんなに鎖骨を出した喪服があるか
      • しかし鎖骨が良かった
    • 前日のニコ生では眼球を休めるために眼鏡をかけておられましたが大丈夫だったのだろうか
    • 舞台上の椅子の前に一人だけ小さな足置き台があったのが良かった
    • パンフレットの写真が新しい宣材写真になっていた

(011)穴 (百年文庫)

(011)穴 (百年文庫)

ゴーリキーの短編が本当に良かった.声優オタクに読んで欲しい.
ちぐはぐな身体―ファッションって何? (ちくま文庫)

ちぐはぐな身体―ファッションって何? (ちくま文庫)

モード系入門.
それから・門 (文春文庫)

それから・門 (文春文庫)

これについては朗読劇も踏まえて.
いまさら翼といわれても

いまさら翼といわれても

最終巻が出て本当に良かった.昔から使っていたものがだめになってしまったので.

大久保瑠美さんの個人グッズ感想

大久保瑠美さん 上田麗奈さん グッズ発売記念イベント - アニメイト

一通り予約したグッズが(発売が少し延期されたゲームポーチ以外全て)届いたので簡単な感想を書く.

  • 缶バッヂ
    • 予約で全種類揃う
    • いいですね
  • クリアスタンド
    • テレビの横に置いた
  • ポストカード
    • 3枚セット
  • ブロマイド
    • 1パック3枚入り,全15枚
    • クーポン収集問題としては全種類コンプリートするのに16.6パック必要
    • 12パック買って 13/15 揃った
    • ポストカードも含めてですが,黒ドレスにおける黒いレースの手袋,赤いドレスにおける二の腕が本当にいい
  • クリアファイル
    • 上記 URL では表面しか見えていないけれども,このクリアファイルは裏側がいい
    • ブロマイドなどでも着ている赤いドレスでルーレット台からこちらに軽く身を乗り出している姿
  • ブランケット
    • まさかのフルグラかと身構えていたところ,紫の普通のブランケット.部屋で使う
  • フリージーズー
    • 冷蔵庫に入れた状態で明るくなると台詞を発する電子機器
    • 台詞はランダム,明るい時間が一定以上続くと別の台詞を発する
    • 津田美波さんのフリージーズーを持っている人から「フリージーズーはいい」とは言われていたけど,なかなか楽しい
    • 夜中に水を飲むために冷蔵庫を開いてびっくりする
    • 少し音量が大きい

全体的によかったけれど,あの程度で塩対応とか言ってるの本当に平和でいいですね.どれもいいのだけど,フリーマーケットでのエピソードが特に良かった.

メガネを買った

徳島マチアソビでのFGOステージイベントに大久保瑠美さんが御出演されるということで調べてはみたものの,早朝から券を取らなければならず,そのためだけに往復七万近く使って一泊または二泊での徳島旅行をする気力がどうにも沸かず(FGOをプレイしていないこともあり),ならば,これまで ZoffJINS で買っていた眼鏡を同じぐらいの値段をかけて新しくしようと思った.

映画を見た

怒り
SCOOP!
  • 二階堂ふみが良かった
  • 終盤のラブシーンは必要無かった